甘夏ジャム

水俣から取り寄せた きばるの甘夏でジャムを作りました。
画像
画像


いろいろなことが忙しなく、ジャムを作る時間をのがした昨年、ようやく、ジャムを作ることができて幸せです。




息子に続いて娘も大学生になり、家を離れ、それぞれの食生活です。

連休の終わりに甘夏ジャムを2人に持たせ、実家の母に、

近くに住む主人の叔母と叔父にひとつづつ。


季節のジャムを作れる生活は何よりの幸せです。

コンビニやインターネットからの季節先取り情報でなく、

自分リズムの季節感、ジャム作りはそのひとつです。

もう1回生活クラブから甘夏が届いたら、今年分の甘夏ジャムを作ったあとに、

甘酸っぱいプラムが出始めるでしょう。

それはそれは、きれいなルビー色に仕上がります。

ゆっくり思い巡らすとワクワクします。


Aroma Tabiya

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック